デリヘルを呼ぶなら準備は万端に!

 デリバリーヘルスを呼ぶ場合には、いくつかの事前準備を心掛けておくべきです。余計な時間を使ってプレイ時間が少なくなってしまったり、女の子が不快な思いをしたりしないように細心の注意を払ってください。また、ご自身の下半身の体調についてもコントロールすることが大切です。

<お部屋清掃は基本中の基本>

 もしも自宅に女の子を呼ぶのであれば、ある程度部屋を片付けておく必要があるでしょう。もちろん散らかっていたとしても、向こうはプロですからそれでサービスがおざなりになる、ということはありません。しかし、デリヘル嬢も一人の女性であることに変わりはありません。「汚い部屋に済んでいる人は不潔そう・・・」と思われる可能性もあります。 つまり、マイナスポイントはできるだけなくしおてく方が無難と言えます。布団やシーツだけでなく、お部屋全体の清掃を心がけましょう。

<爪切りなどは事前に済ませておきましょう>

 店舗型の場合、待合室に爪切りが置いてあることが多いですが、デリヘルの場合は女の子が持参してくれます。しかし、出来れば爪切りは女の子に言われる前に済ませておきたいもの。貴重な時間を余計なことで消費しないためにも、あらかじめ準備しておきましょう。

また、歯みがきうがい、手洗いについても同様です。もちろん女の子が来た後にもする必要はありますが、先にしておけばさっと軽くで十分になります。ただし、あまりに簡単に済ませてしまうと女の子から嫌な顔をさえる場合もありますので、良いさじ加減で行ってください。

<下半身の体調をしっかりコントロール>

 EDの症状がある方は、デリヘルをお願いすると決めた時からバイアグラなどのお薬を飲むタイミングについて考えておきましょう。処方をしてもらう際に、プレイのどれくらい前に飲めば良いか聞いているはずなので、その時間に合わせて服用するようにしてください。

ちなみに、下半身について自信をお持ちの方でも、いざプレイ!となった時に急に元気がなくなってしまうことも十分にありえます。EDは突然起こるものなので、少しでも兆候が見える場合には、あらかじめ専門のクリニックを受診し、お薬をもらっておいた方が無難でしょう。

デリヘルは自宅に呼べる非常に手軽な風俗です。しかし準備を怠るとしっかりプレイを楽しめない可能性も。女の子が来るまでの時間はきっとドキドキわくわくで落ち着かないでしょうから、これから行われる夢のような時間を想像しつつ、前述した準備に努めましょう。