フリー、それとも指名?風俗遊びで得をするのはどっち?

 風俗を利用するときに、指名すべきか、フリーで入るか、迷ったことはありませんか? その店に在籍している嬢の写真を眺めているぶんには、可愛い子ばかりで夢がふくらみますが、いざ会ってみると写真とは別人ということもあります。そうなったとき、指名料は無駄になってしまうわけで、指名をするべきか否かというのは、この点において難しい問題だといえるでしょう。

それでは結局のところ、長い目で見たときに指名をしたほうがよいのか、悪いのか。この記事ではそれについて解説いたします。

<指名なしで入るとどうなるか>

 私はこれまでに、様々な風俗に足を運んできました。いい思いをしたこともありますし、ハズレを引いてがっかりしてしまったこともあります。その経験の中で、指名等についてすべての店に共通していると言えるのは、フリーで入ると「地雷」あるいは「新人」をあてがわれる可能性が高いということですね。

風俗嬢のお給料は、待機時間も含め、時給制が基本となっています。そこに客についた回数や、指名の数に応じて上乗せがなされ、それが月の給料として支払われます。したがって、人気の高い、指名を取れる嬢であれば、バイトとはいえサラリーマン並みに稼ぐことも可能であるわけです。ところが、指名を取れない嬢だと、お客さんにつく回数、あるいは指名される回数が少ないですから、風俗という特殊で苦労の多い職業に就いているにも関わらず、その給料は他の業種とあまり変わらなくなってしまうんですね。

店側としては、そういう嬢はかわいそうというか、稼がせてあげたいという気持ちがありますので、人気のない嬢は、フリーの客に積極的につけるのです。人気のある嬢は指が入ることが多いですから、フリーの客についている暇がないという事情もありますけれどね。

加えて、新人さんも、まだ知名度が低いので指名を取りにくく、そのためフリーの客につくことが多くなります。働き始めたばかりのフレッシュな子、初々しさの残る子とエッチなことをするのは、それはそれで楽しいものですが、新人さんはテクニックがなっていない部分がありますから、いわゆる「サービス地雷」である可能性が高いです。お金を払って、大して気持ちよくなれないというのでは、風俗に行く意味がありません。

<結局は指名をしたほうがお得?>

 ですから、やはり指名をしたほうが、失敗する確率は低いといえるでしょう。指名をして失敗するケースというのは、ほとんどの場合、写真だけで判断しているときなんですよね。たとえばその子が指名(比率)ランキングの上位に入っているかどうか、ネット掲示板などのクチコミにはどう書かれているか、など、色々な面を注意深く観察し、調べていれば、失敗することはそうないと思います。

ただし、ピンサロなどの安い風俗では、指名料がプレイ料金の2、30%前後はしますから、割合でいうと、ヘルスなどの高い風俗よりも失敗したときの損失は大きいので、注意が必要です。お金がない、安い風俗ばかり行っている、なるべくフリーで入りたいという方は、お店が混んでいる時間を狙っていきましょう。そういった時間帯には、その店の地雷がすべて客についてしまっていて、たまたまランキング上位の子が空いている、そんなことも考えられます。行く時間にちょっと気をつけるだけで、結果は全然違ってきますから、意識されてみてはいかがでしょうか。