罰金を取られることも?風俗を利用する際の注意点とは

 風俗は、男の願望を叶えてくれる場所ですが、だからといって何をしてもいいというわけではありません。一歩間違うと、そのお店に出入り禁止になる、あるいは罰金を取られるということにもなりかねないのです。この記事では、風俗を利用する際の注意点をご紹介しますので、失敗しないためにも、ぜひ覚えていってくださいね。

<そのお店の注意点を確認する>

 風俗店は、その種類や地域によって、決まりごとがそれぞれ異なります。たとえば、嬢へのタッチがOKのお店もあれば、そうでないお店もあります。A店では女性の体には好きなだけ触れていいのに、B店では一切タッチは許されない、ということもあるのです。それも、ピンサロ、マッサージなど、同業種の風俗でも、それぞれ店によって決まりが違うので、そのお店に行く前に、必ず注意事項、禁止行為を確認するようにしましょう。

特に、マッサージや、手コキ系の風俗は、店によって決まりがかなり違います。おさわり一切禁止というところもあれば、バストへのソフトタッチならOK、おさわりについては禁止行為は基本的になしというところもあります。事前に確認しておかないと、あとでトラブルにもなりかねませんので、そのお店のホームページを見るなどして、何をしていいのか、どこまで許されるのか、きちんと把握しておくようにしてくださいね。

<オプションの内容を把握する>

 決まりごとと同じようなものではありますが、そのお店の「オプション」も必ず確認しておくようにしましょう。これはなぜかと言いますと、店によって、たとえば生フェラが基本サービスであったり、そうでなかったりするからです。あるお店ではゴムフェラが基本サービスであり、生でしてもらうには2000円の追加料金が必要、なんてこともあります。そういう店で、知らなかったとはいえ、嬢に生フェラを要求したりすると、それがトラブルに繋がったりもするわけですね。

そのお店に足を運ぶまえに、ホームページから、プレイの流れや、基本サービス、そして有料オプションを必ず確認するようにしましょう。

<身なりを整える!>

 最後に、身なりについて申し上げておきます。風俗店としても、明らかに不衛生な男性を入店させるわけにはいきません。性病とまではいかないまでも、病気の原因となりうる菌などが嬢にうつって、その嬢がまた別の男性客にうつして、と大変なことになってしまう恐れがありますから、店としては入店を許可するわけにはいかないのです。その危険があると思われるような、著しく汚らしい男性、清潔感のまったくない男性は、入るのを拒否されることもあるんですね。

したがって、お店に行くまえに、ちゃんとお風呂に入って、爪を切って、毛を処理して、洗ったばかりの服に着替えて、と身なりを整えるようにしてください。服の肩のところにべっとりとフケがこびりついていたり、ペニスに垢が残っていたりするような状態はもってのほかです。相手がどう思うかを考えて、裸の付き合いをするに相応しい身だしなみを心がけてください。お店としてはOKでも、嬢の判断でプレイ不可とされ、退店を余儀なくされることもありますので、顔や髪など、目につきやすい部分だけ手入れをしても意味がないですよ。

以上、風俗利用の際の注意点をご紹介しました。そのお店の決まりごと、サービス内容を心得て、それを遵守し、体を清潔に保っていれば、風俗で何か店員に文句をつけられることはないはずです。面倒事を避けるためにも、以上のことは最低限、守ってくださいね。