ヘルス=風俗

 一般的に風俗といえば、どんなサービスをイメージするでしょうか?あまり風俗に詳しくない場合、ほとんどの人がヘルスのサービスを思い浮かべるでしょう。それだけヘルスは風俗の代表的な存在として定着しています。それなりの規模の繁華街へ足を運べばヘルス店が一店もないエリアはありません。また、風俗好きを自称する人であればヘルスを利用したことがないという人もいないでしょう。それほどにヘルスは風俗の世界の中心にあります。

このようなヘルスをより楽しむには、風俗とはいったい何なのかをしっかりと知ることが大切です。

<風俗とは?>

 男性は風俗に何を求めるのでしょうか?ほとんどの人が性欲の解消と答えるかもしれません。しかし、生理的に性欲を解消するだけであればオナニーで十分でしょう。これであれば時間も場所も関係ありませんし、お金もかかりません。
 しかし、多くの男性はわざわざ時間をかけて風俗街へ足を運び、お金をかけてお店を利用します。その理由は、結局男性は女性の存在そのものを求めているからです。もちろん、男性にとって女性は性欲の対象となります。しかし、女性という存在は単に性欲を解消してくれるだけのものではありません。
 時には癒しを、時には刺激を、そしてときめきや幸せ、そして寂しさや悲しみを与えてくれます。そして、これらによって「生きている」と感じることができます。
風俗とは、お金を払ってその実感を手に入れるための場所なのかもしれません。

 男性は女性をいつでも求めてしまいます。単に本能という言葉では片付けることができないほどに切実なほどに、女性を欲っしてしまいます。ヘルスはサービスがシンプルな分だけ、より相手に強く女性を感じることができるでしょう。だから、男性は風俗に、ヘルスに夢中になってしまいます。この自覚を持ってヘルスへ足を運べば、より素直な気持ちで楽しむことができるでしょう。