出張中はやっぱりホテヘル!~Uさんの体験談

 Uさんはそこまで風俗好き、という訳でありませんが、出張で訪れた先で呼んだホテヘルがあまりにも最高で、感動を覚えたそうです。果たして何が彼の心に響いたのでしょうか?

<地元から離れた場所で風俗を>

 「出張って結構疲れます。一泊くらいだったらすぐに家に帰れるんですが、少し長い期間となるとやっぱり体全体が悲鳴をあげてきますよね。それだけならマッサージなどでなんとか解消するんですが、下半身のコリってのはなかなかとれないもの。そこで、久々にホテヘルを利用することにしたんです。柄にもなくワクワクしてしましたね。そして、そのワクワクはもっと大きなドキドキに変わったんです」

出張先のホテルに女の子を呼ぶことを決めたUさん。さて、どんな子が来るのでしょうか?

「僕は生まれも育ちの神奈川の方なので、そこまで言葉になまりはないんです。多分、標準語に近いと思いますね。お付き合いをしてきた人もみんな関東圏の人でしたから。でもその日やってきたホテヘル嬢は、九州出身。とにかくなまっていたんです」

なんとやってきたのは九州なまり全開の女の子。Uさんはその子と話をしながら、こんなことを思ったそうです。

「大阪弁とかは知り合いにもいるので、あまり珍しくはないんです。でも九州の方のなまりは中々聞いたことがなかったので、とにかく新鮮でした。そして同時に、ものすごく可愛かったんです。僕がニヤニヤしていると『なんしとぉーと?』なんて言われてしまい、かなりキュンときましたね。その後もなんとか彼女の方言が聞きたくて、ついつい話しすぎてしまいました。彼女は『何がおかしーね?』と言って笑っていました」

普段聞きなれていない方言はかわいく聞こえるものです。Uさん、すっかりこの子がお気に入りとなったようです。

<最高のフィニッシュと満足感>

 「そしていよいよプレイ開始。さっきまでの笑顔がどんどん艶っぽくなっていき、僕の興奮度はマックスになりました。そしてさらに『気持ちよかぁ』と言われたときには、何もされていないのに発射しそうになりました。危ない危ない」

何度も我慢をしながら、最終的には最高のフィニッシュを迎えられたUさん。その夜は大満足だったようです。

「ホテヘルや風俗って、普通に生きていたら出会えない、ましてやふれ合うことなんて絶対ありえないような女の子と出会えるのが魅力ですよね。もう彼女には会うことはないと思いますが、一期一会の良い思い出として胸にしまっておくつもりです」

出張先でホテヘルというのはよくある話ですが、それぞれの地方色の出た女の子に出会えたらもっとプレイが楽しくなるのでしょう。地元ばかりでなく、広い地域で自分のお気に入りを見つけられたら最高なのかもしれません。