意外な自分の性癖

 風俗にはさまざまなジャンルが存在しています。一般的に風俗といってイメージされるのは、ヘルスやソープ、キャバクラなどでしょう。たしかにこのような王道的なジャンルはとても高い人気を集めています。しかし、ちょっとマニアックなジャンルの風俗だって、多くの男性に支持されています。意外に、自分のちょっと変わった性癖に気付いていないこともありますので、最初から決めつけずにいつもとは違ったお店に挑戦してみてはいかがでしょう?知らない自分の一面を発見することができれば、風俗はもっと楽しむことができます。自分はノーマルだと思い込んでいても、ささいなきっかけからちょっと変わった性癖に気付くことがあります。風俗でなくても、女の子との何気ない会話の中の一言にゾクゾクしてしまったり、あまり興味がないと思っていたジャンルの風俗体験談に興奮したりしてしまう、といったことから気付くこともあります。一般的に変わった性癖は恥ずべきものだとされています。ですので、もし持っていたとしても無意識にこれを否定しようとしてしまいます。しかし、何かのきっかけでこれが刺激されると心や体が自然に反応してしまうものです。それでも否定しようとしてしまう人もいます。しかし、これでは自分で楽しみや快感を削っていることになります。これでは、本当に充実した性生活を送っているとはいえないでしょう。一般的に認められていない性癖を持っているからといって、恥ずかしがる必要はありません。これを受け入れることができれば、もっとエッチな遊びを楽しむことができます。

<パートナーには求めることができなくても>

 そんな性癖を自分で受け入れることができたとしても、彼女や妻がこれを受け入れてくれるとは限りません。また、強要することで相手が不快な思いをしてしまう可能性だってあります。もちろん、しっかりとパートナーに話す必要はありますが、拒否されてしまったら諦めるしかありません。しかし、恋人や妻はセックスの相性だけで選ぶことはできません。精神的に強く結びつくことができなければ成立しない関係です。ですので、別に欲求を吐き出す場所を持つ必要があります。その場所こそが風俗でしょう。

自分の本当の性癖に気付いていない男性も少なくありません。これに気付き、受け入れることができればより充実した性生活を送ることができるでしょう。もしパートナーに拒絶されてしまっても、風俗にはさまざまな性癖を受け入れてくれる場所があります。