性癖から逃げないこと

 世の中にはさまざまな嗜好をもった男性がいます。そして、それに合わせるように多くのジャンルの風俗が存在しています。 そんな中でも、ちょっとマニアックなお店は足を踏み入れるのには勇気が必要かもしれません。しかし、一度足を踏み入れることができれば、これまでに味わったことのなかった楽しみを知ることができるでしょう。
誰でも、最初はちょっと怖いと感じてしまうものです。しかし、本当に風俗を楽しむには乗り越えなければならない壁の一つです。 ここから逃げ出して王道的なお店ばかりで遊んでいては、本当に風俗を楽しんでいるとは言えないでしょう。

<どうしてマニアックなジャンルから逃げてしまうのか>

 単に射精することだけでほとんどの人の性欲が満たせるのだとすれば、彼女や妻といったパートナーを持つ男性は、誰も風俗を利用する必要がなくなってしまいます。 そうではないからこそ、さまざまなジャンルの風俗が存在しています。 そもそも、射精することだけが目的であれば一人でも十分です。 それなのに、多くの男性がわざわざお金を払ってまで風俗を利用しています。つまり、誰もが射精することプラスαの何かを求めているというこよになります。 これが性癖です。 つまり、一般的なものとされるセックスを好むことだって性癖の一つということができます。 ですので、セックスの他に何か他の行為を求めたとしてもそれは恥ずかしいことでも、怖いことでもありません。 それなのに、ちょっと変わった性癖を持っていることは異常なことであるとされてしまいがちです。こういった世間の傾向から、自分の性癖に気付いてしまったとしてもそれを恐れて隠すようになり、マニアックなジャンルを避けたり、逃げるようになってしまいます。

<自分の性癖と向き合うことの大切さ>

 しっかりと自分の性癖と向き合うことができなければ、本当に充実したセックスライフを送ることができません。 ほとんどの人がオナニーだけでは性的な欲求を解消することができないのと一緒で、本質的に自分の求める性行為ができなければ、決して欲求が満たされることはないでしょう。 ですので、恥ずかしがらずに自分の性癖を認め、しっかり向き合ってそれを解消できる場所を探しましょう。 結果として、それがマニアックなジャンルの風俗であっても恥ずべきことではありません。

自分の性癖から逃げてばかりでは、本当に充実したセックスライフを楽しむことはできません。マニアックなジャンルだから、と恥じて逃げるのではなく、しっかりと受け入れて楽しんでみましょう。そうすることができれば、もっと人生を楽しむことができるはずです。