プレゼントは逆効果!?風俗嬢を口説くときにやってはいけないこと

 風俗嬢と個人的な関係を持ちたいと思ったとき、あなたはどのような方法で彼女に近づきますか? なるべく多く通う、プレイで彼女のことも気持ちよくさせてあげる、あるいはプレゼントをする。色々な方法があると思います。しかし一歩間違うと、それは嬢にとって迷惑な行為となってしまいますので、注意が必要です。この記事では、嬢を口説くときにしてはいけないことをまとめてみますので、参考にしていただければ幸いです。

<プレゼントを渡すのはNG?>

 お気に入りの嬢にプレゼントを渡す。アプローチの方法として、こういうことを考える男性もいらっしゃるかと思いますが、これはやめたほうがよさそうです。特にピンサロやヘルスなど、何人もの風俗嬢が同じ部屋で待機するようなお店では、ただの迷惑行為となってしまう可能性が高いんですね。

なぜかというと、待機室に戻ったときに、プレゼントを貰ったことがバレてしまうからです。基本的に、風俗店は嬢が客と個人的に関係を持つことを禁止していますから、プレゼントを貰った子としても、みんなが見ている前で堂々とその品を持って帰るのは難しいのです。あいつは客とできてると噂されたり、あるいは嫉妬の的となっていづらくなったりしてしまいますから、プレゼントは、よっぽど高価なものでなければ、その場で捨ててしまうという子も多いんですね。

そもそも、ちょっとしたプレゼントくらいで、風俗嬢を落とせると思ったら大間違いです。お金や物で釣ろうとしても、結局は貢がされて終わりということが多いのです。そんなものは要らないからこの人と個人的に付き合ってみたい、と嬢に思わせるような方法でないといけません。それもきわめて難しいことなんですが、風俗嬢を口説くのですから、それは当然のこととして心得ておかなくてはなりません。

<通いつめるのは逆効果?>

 次に、その嬢のもとに通いつめるということについてですが、これもほとほどにしたほうがよさそうです。毎日のように通っていると、やはり彼女らとしては、このお客さん、なんか怖いなと思ってしまうわけですね。お金を払って話すだけ、なんていうのはバカらしいですから、することはすると思いますが、そうなると「この人ってエッチなことしか頭にないのかな」とも思われてしまいます。そうなっては個人的に付き合うことはほぼ不可能です。

したがって、その嬢に会いに行く頻度は、「忘れられない程度に」というのを心がけましょう。月に2、3度というのがベストだと思います。そして会ったときには、自分が気持ちよくなることばかり考えるのではなく、恋人にそうしてあげるように、嬢のことも気持ちよくさせてあげてください。彼女好みのプレイができるようになれば、彼女はあなたと会うのを楽しみにしてくれるようになるはずです。

<調子に乗らないこと!>

 そして最後に、調子に乗らないこと。これも大事ですね。嬢が自分のことを気に入ってくれていると思ったからって、たとえば、「次からはフリーで入るから、俺が来たら自分でボーイさんに言って俺についてよ」とか「俺の暇な時間に出勤してよ」とか、そのようなことを言ってはいけません。相手にも都合がありますし、客を選り好みできる店なんてそうそうないですし、「指名をしない」というのはイコール彼女の給料を減らすということですから、そんなことを要求するのは論外の極地です。 風俗嬢を口説くときには、最低限、以上のことに注意してくださいね。