そこ、本当に風俗店? 回春マッサージを利用する際の注意点とは

 旅行の宿泊先のホテルにマッサージを呼びたい。そんなときには、体の疲れも取れてあそこもすっきりさせてもらえる回春マッサージがおすすめです。

しかし、回春マッサージを呼ぶときには、ひとつ注意しなければならないことがあります。当記事では回春マッサージを呼ぶときの注意点をご紹介いたしますので、ご予約をなさる前に一度お読みいただければと思います。

<抜きの有無>

 回春マッサージを呼ぶときに注意しなければならないのは、抜きの有無です。正確には、「そのお店が風俗店かどうかを確認する」ことが必要です。なぜなら、いかにも風俗店らしい妖しい広告を打っているお店が、実際は風俗店ではないということも往々にしてあるからです。

たとえば、お店のHPに露出度の高いコスチュームを着た女性らの写真が貼ってある、極上の体験などの思わせぶりな文言が並んでいる、サイトデザインは暗色の多い大人の雰囲気で、料金は回春マッサージのそれと同程度である。これだけ見るといかにも風俗店といった感じですが、実はただのマッサージ店である可能性もあります。「当店は風俗店ではございません」といった表記がどこかにないでしょうか。もしそれがなかったとしても、サービスの内容が明らかにされていなければ、そこは風俗店ではないと考えたほうが無難です。

<なぜ紛らわしい宣伝をするのか>

 ただのマッサージ店がなぜ、風俗店であるかのような宣伝をするのでしょう。その理由はふたつ考えられます。ひとつは、そうしたほうがお客さんが増えるということです。男性がそこを風俗店と勘違いして予約を入れてしまうわけですね。これはある意味で客を騙しているといっても過言ではなく、少々汚いやり方だと言えるでしょう。

理由のもうひとつは、そのお店が実際に回春を行っているというものです。風俗店としての届け出をせずに風俗営業をしている、つまり違法風俗店ですね。違法風俗店の手口は以下のようなものです。まず男性に対しマッサージを行います。その際に、お尻や太腿の付け根を丹念に揉んだり、偶然を装ってペニスの辺りに触れたり、乳房を客の腕や頭に押しつけたりして男性を興奮させます。そしてそのマッサージが終わったあとに、お店に内緒であそこをやってあげてもいいよ、などというのです。あくまで個人的に交渉をしている「てい」で回春を持ち掛けるのが違法風俗の手口なんですね。

そして「抜き」には別途高額なチップが必要となります。結局、正規の回春マッサージ店を利用するよりも高くつく場合が多いでしょう。

<必ず風俗店を使おう!>

 その手の違法風俗を利用するのは絶対にやめてください。犯罪を助長することになりますし、ぼったくられて自分が損をするだけです。回春マッサージを利用したいなら、きちんと届け出を済ませた優良店を利用するようにしてください。それにはそのお店が風俗店か否かを確認する必要があります。お店のHPの雰囲気を見るだけでは、失敗してしまう可能性もあるのです。風俗店として届け出を済ませているかどうかを必ず確認するようにしてくださいね。

いちばん安全なのは、風俗サイトなどにプレイ動画のアップされているお店です。お住まいの地域のお店が風俗サイトで紹介されていないか、ぜひ調べてみてください。