風俗で起こりうるトラブル~Fさんの失敗談

 低価格のせいクオリティーが低いと思われがちなピンクサロンですが、しっかりとお店を選べば素晴らしいサービスを受けられるそうです。しかし、Fさんはそこで大失敗を侵してしまったとのこと。一体彼の身に何が起こったのでしょうか?

<初めてのピンサロで大興奮>

 「安月給の僕でも行ける風俗がある、と同僚に連れて行かれたのがピンクサロンでした。正直、今までの僕の風俗サイクルというのは基本的に、お金が貯まったらソープ、といった感じだったので、ピンサロの値段とサービスにちょっとびびっていました」

しかし背に腹はかえられぬ、ということでFさんはピンサロにはじめて足を踏み入れることになったそうです。

「はじめて店内を見たときは衝撃でしたね。今までは個室でのサービスしか受けたことがなかったので、こういうボックス席(?)的で、隣のお客さんの顔もばっちり見えるような状況の中プレイをするのは、想像もできませんでした。しかも女の子が3人来て、3回もサービスを受けられるとのこと。さぞかしレベルの低い子が来るんだろうなぁ、なんてその時は考えていました」

ソープなどの経験しかないFさんの胸中は不安でいっぱい。ですが、どうやらかなり満足の行くプレイになったそうです。

「最初に現れた子はかなりのハイレベル。正直驚きましたね。今までの風俗はなんだったのかと・・・そしてあんまりに可愛い子がきたものだから、きっと息子も興奮してしまったのでしょう。いつもの何倍も硬くそそりたっていたと思います。そして彼女に愛撫を受け、ちょっと口に含まれただけであっけなくフィニッシュ。かなり情けなかったですね・・・」

<思わぬ事態に大焦り!一体何が!?>

 一人目の風俗嬢でかなりの満足を得られたFさん。しかしその後、彼の体に異変が起こります。

「一人目の女の子とのプレイ後、困ったことが起こったんです。さっきまで最高の盛り上がりを見せていた僕の下半身ですが、一回目のフィニッシュ後、急にだんまりを決め込んだんです。正直あせりましたよ。まだあと2回、女の子のサービスが待っているっていうのに、ウンともスンとも言わなくなってしまったんですから・・・」

風俗に来て下半身が言うことを聞かないというのは大ピンチ。Fさんの焦りは相当なものだったでしょう。結局、すべてを楽しみ切ることが出来なかったそうです。

「結局2回目はなんとか復活はしたんですが、発射には至りませんでした。3回目はギリギリなんとかなりましたが・・・しかし同僚はしっかり3回とも頂点に登れたとのこと。歳も近いのになんでだ?と情けなくなりました。そしてそのことを彼に話すと、思わぬ答えが返ってきたんです。

なんと彼は今日に備えてメンズヘルスクリニックに出向き、バイアグラなるED治療薬を処方してもらったのだとか。僕はてっきり、歳を取った人が使う薬だと思っていたのでこれは意外でした。若い人でも手に入れられて、しかも効果は抜群なんですね。彼によるとジェネリック医薬品としても登場するから、もうすぐ安く買うことが出来るんだとか。そういうことは先に言って欲しいですよね」

ちなみに、すでにバイアグラジェネリックは解禁を迎え、今では安価に購入ができるとのこと。Fさんも次からはしっかり用意をしてピンサロに臨むとのことでした。せっかく当たりの店が見つかっても、自分の体調が整っていなければ楽しむことができません。準備は万端で臨みましょう。