いざ、未知の領域へ――男の潮吹きに必要な準備とは?

 みなさんは男の潮吹きをご存知でしょうか。これは射精後にもペニスを刺激され続けることで、精液とも尿ともつかぬ透明な液体が噴出される現象のことです。

この男の潮吹きを提供する風俗店はたくさんあるのですが、潮を吹けるかどうかは、私たち客側の行動にかかっています。今回は男の潮吹きを体験するために必要な準備についてお話しいたしましょう。

<溜めていくのが決まり?>

 男の潮吹きをするには、前日、前々日と射精をしていないことが条件となります。男の潮吹きを提供する風俗店の多くは、このような決まりごとを設けているのです。そうするとあの「潮」は精液と関係があるということになりますが、専門的な話はやめにしましょう。ともかく、男の潮吹きをするにはオナ禁が必須であるということです。そうしないとお店にプレイを断られる可能性もあるので注意が必要ですね。

マスターベーションを我慢する期間については、2、3日で構いません。1週間も2週間も頑張る必要はないですよ。

ちなみに男の潮吹きを提供しているのは、手コキ専門店か回春マッサージのどちらかです。私が知っているお店は回春マッサージ形式ですね。通常のマッサージに手コキと潮吹きがつきます。潮吹き中は目のまえが真っ白になってワケがわからなくなりますので、覚悟しておいてください。しかし終わってみれば「またやろうかな」と思ってしまう中毒性の高いプレイです。

<射精後も維持できるか>

 男の潮吹きを体験するには、射精後もペニスを勃起させたままにできる持久力が必要となります。射精した瞬間にしなしなと萎んでしまうようではいけないのです。体調管理をしっかりとして、健常な状態でお店に足を運ぶようにしましょう。

ちゃんと勃起を維持できるかどうか不安な方は、バイアグラなどの勃起薬を飲んで行かれるといいと思います。勃起薬の効果は絶大でして、あくまで私の場合ではありますが、射精後もピンピンしてますよ。そのまま2回戦ができそうなほどに、です。これがあればもう萎える心配はないですね。

バイアグラというと高価なイメージですが、今はジェネリックもあって安く手に入ります。専門のクリニックで処方してもらえますので、相談に行ってみてください。ただし、男の潮吹きを体験してみたいんだとは言わないほうがいいかもしれません……。

<お店のルールをチェック>

 男の潮吹きを提供しているお店には、回春マッサージ形式も多いと言いましたが、回春マッサージ自体、たとえば「お触り禁止」などのルールの設けられていることが多い業態です。一律禁止であればまだいいのですが、下着の中に手を入れる「生タッチ」は禁止とか、胸へのソフトタッチはOKとか、店ごとに細かいルールがあります。それを事前に把握しておけば、当日禁止行為をして追い出されることもないですし、プレイを決められた範囲で最大限楽しむことができるでしょう。

以上、男の潮吹きに必要な準備をご紹介いたしました。溜めていくこと、射精後も勃起を維持できる状態で遊びにいくこと、そのお店のルールをきちんと確認しておくことが大切ですね。男の潮吹きは必ず、あなたを新たな次元に連れ出してくれることと思います。ぜひ一度、味わってみてはいかがでしょうか。